RAIDの種類と特徴

PC記事などを読んでいると、RAIDという言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。RAID0やRAID5が特に頻繁に登場しますよね。今回はRAIDについての基礎知識を解説します。

RAIDとは

ざっくりというと、「複数のストレージを組み合わせて仮想の1ボリュームとして認識させる技術」です。例えば、複数のハードディスクを組み合わせることで1台の時よりも高速化したり、システムのバックアップを常に行うことで障害の際にもデータを守ることができます。

RAIDの目的

主に以下の3つあります

  1. データの保存量を増やすため
  2. 保存速度を向上するため
  3. トラブルによってデータがなくなるのを防ぐため

一般のPCユーザーがRAIDを構築する場合には主に②や③を目的とします。

代表的なRAID

RAID0

2台以上のハードディスクに分割したデータを同時に書き込む方式です。目的の②のために構築されます。定期的にバックアップをしっかりととって運用するか、失ってもさほど困らないデータをメインで扱う場合に適したRAID方式です。

1つのデータを分割して、複数のハードディスクに分けて収納することで読み書きのスピードをアップすることができます。

例えば10の量があるデータを5ずつに分割して2つのHDDに同時に書き込めば、書き込み時間は半分で済みますよね。大量のデータを頻繁に保存する方や、ゲームなどの読み込み時間を少しでも短くしたい方にはRAID0を構築している方も多くいます。

ただしデメリットも存在し、信頼性が高くはありません。それぞれのハードディスクに別の内容を書き込むため、バックアップは存在しません。複数のハードディスクの中の1つの中にあるデータが壊れた場合、他のハードディスクにある分割されたデータも全て読み込むことができなくなります。

1~10まで全てそろって意味のあるデータを5ずつに分解して保存した場合、「6」というデータが壊れると残りの9個のデータも無意味になってしまうわけです。よって、基本的に1台のハードディスクで運用するときとデータの安全性に差はありません。

HDDの故障率を考えると1台運用の時よりも少し安全性は下がると言えるでしょう。とはいえ、最近ではHDDの故障率も大分下がっているのでそこまで気にする必要はないとの意見も多いです。

一部のゲーミングPCにRAIO0が採用されていることがあります。もちろん高額なのですが、速度を重視するゲーミングPCにとっては有益な措置です。高速なゲーミングPCについては「ゲーミングPCなう」というサイトが詳しくて参考になります。

RAID1

2台以上のハードディスクにまったく同じデータを同時に書き込む方式です。目的の③のために構築されます。仕事用のPCのように消えると困るデータを扱うPCに向いたRAID方式です。

1つのデータをコピーして2つにし、それぞれ別のハードディスクに保存するようなイメージです。これによって片方のハードディスクのデータが破損しても、もう片方のデータにまるごと残っているので、システムやデータ保存の安全性を高めることができます。

デメリットとしては2台のハードディスクを用意しているのにデータの保存容量は変わらない点が挙げられます。また、データのコピーなどにかかる時間分、1台での運用よりも書き込み速度が少し遅くなってしまうというデメリットもあります。

RAID5

RAID5はRAID0の速度アップの恩恵を受けながら、データの安全性も確保できる方式です。個人ユースではこの方式が多く使われています。目的の②と③を同時に満たすことができます。読み込みは速くしたいけど、安全性も確保したいという方に向いたRAID方式です。

RAID0のようにデータを分割して複数のハードディスクに収納することは同じです。その際に、万が一エラーがあった時のためのエラー検出用のパリティデータを保存しておくという点がRAID0と違う点です。もし1台のハードディスク内のデータが破損しても、他のハードディスクにあるパリティデータから計算することで、破損したデータを修復することができます。

デメリットは3台のハードディスクが必要になる事です。また、安全性は高くなりますが、3台中2台のハードディスク内のデータが破損した場合はデータの修復は不可能になります。